2020/03/19  [ お知らせ

建造実績・二輪屋台:袋井市永楽町「永進車」後編

前回(http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/?p=5860)に引き続き、山本建築の祭り屋台の建造実績として、袋井市永楽町「永進車」の二輪屋台のご紹介です。

1995年(平成7年)に完成した三代目となる現在の屋台。日本における七福神のようなものである、中国の“八仙(はっせん)”と呼ばれる8人の仙人から2人を前面欄間や御簾脇に配しています。

前面欄間には八仙の一人である張果(ちょうか)。敬称として“張果老”とも呼ばれる仙人です。白い驢馬(ろば)に乗って一日に数万里を行き、休憩する時はその驢馬を瓢箪(ひょうたん)に収めて、進む時にはその瓢箪の水を噴くと驢馬が現れたと伝わっています。

御簾脇には八仙の一人である李鉄拐(りてっかい)と後漢の修行者で仙人とも呼ばれる費長房(ひちょうぼう)も。袖障子には雷神、支輪には飛龍、側面欄間には龍、後面欄間には鳳凰の彫刻が施されています。

腰長押には波に千鳥、障子腰彫りには菊水、角木鼻には獏、平桁木鼻には獅子、太鼓下には力神、町名看板には牡丹もあり、豪華な仕上がりとなっています。

心棒は耐久性の高い鉄製のものを採用しているのもポイントです。2016年(平成28年)には全体的な点検も実施しました。山本建築では屋台の新調の他に、彫刻や漆塗り、車輪など各種のメンテナンスも対応しています。お困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

【ホームページからのお問い合わせ】
http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/contact