2020/06/18  [ お知らせ

建造実績・二輪屋台:菊川市「五丁目下」後編

前回(http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/?p=5938)に引き続き、山本建築の祭り屋台の建造実績として、菊川市「五丁目下」の二輪屋台のご紹介です。

1996年(平成8年)に建造し、2006年(平成18年)には漆塗りや彫金も施された三代目となる現在の屋台。各所にはさまざまな題材の井波彫刻や漆塗りの技法の螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)が配置されています。

上部の欄間には、青龍、白虎、朱雀、玄武の方角を司る四神。御簾脇の左右には、地元の方々の要望にお応えして、祭り屋台には珍しい『三国志』の登場人物も。御簾脇の左手側には政治家で戦略家の諸葛亮孔明。右手側には武将である関羽雲長です。

袖障子には麒麟と鳳凰。隅木鼻には獏。木鼻と虹梁木鼻には獅子。一般的にはシンプルな格狭間が多い障子彫には、枠いっぱいに波に千鳥を。腰彫には波に鯉も。

夜光貝や蝶貝などの貝殻を漆で塗り重ねて装飾する技法の螺鈿には、秋を表現する川に紅葉が流れる図柄や子孫繁栄のウズラとアワ、五穀豊穣を表す冬支度のために木の実を貯めるリス、地域の人々の繁栄を祈願する白ネズミに引かれる恵比寿様と大黒様を。

漆で文様を描いて、さらに金箔などを固着させる技法の蒔絵には、平穏無事と幸せを願う吉祥の鳥として鳳凰も。細部までこだわりの詰まった二輪屋台が完成しました。

ホームページには、他にもこれまで山本建築が手掛けてきた多くの祭り屋台をご紹介しています。宜しければ、そちらも是非チェックしてみてください。

【建造実績一覧】
http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/built