タグ: 牧之原市【静波十一丁目】

2019/12/12

建造実績・四輪屋台:牧之原市「静波十一丁目」後編

前回(http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/?p=5801)に引き続き、山本建築の祭り屋台の建造実績として、牧之原市「静波十一丁目」の四輪屋台のご紹介です。

2003年(平成15年)に完成された現在の屋台。前方の部分には折り畳み式の舞台が格納されています。町内の各所で舞台を引き出して、音楽に合わせて女子が舞いを、若連や子供たちが踊りを披露するのも祭典の大きな特徴となっています。

唐破風は、その屋台の個性が表現される大事なデザインになります。「静波十一丁目」の屋台は、ほんの少し反り上がっているのもポイントです。唐破風をはじめ、随所に彫金が施され、より一層、豪華な仕上がりに。

懸魚には翼を広げた鳳凰。鬼板には龍。木鼻には貘も。欄間の正面と後方には龍、両サイドには唐獅子牡丹が彫られています。腰彫りには飛龍、腰板には波に鯉。下部には鯉、上部には龍ということで、鯉が上昇して龍になる物語を描いています。袖障子には躍動感の溢れる麒麟も。

車輪は小回りが利くように設計されているのも特徴の一つです。運行がしやすく、細部までこだわりの詰まった四輪屋台が完成しました。

ホームページには、他にもこれまで山本建築が手掛けてきた多くの祭り屋台をご紹介しています。宜しければ、そちらも是非チェックしてみてください。

【建造実績一覧】
http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/built

2019/12/05

建造実績・四輪屋台:牧之原市「静波十一丁目」前編

山本建築が実際に手掛けた祭り屋台の建造実績をご紹介したいと思います。今回は牧之原市「静波十一丁目」の四輪屋台です。

毎年11月の第一土曜日に行われる服織田(はとりだ)神社の祭典。その前後の日程を合わせて三日間、町内の屋台が曳き回されます。五年に一回の順番で、二つの屋台が選ばれて運行されます。2019年の今年は「静波十一丁目」の屋台も曳き回されました。

延喜式神名帳にも記載され、77年(景行天皇7年)に勧請された服織田神社。御祭神は、麻の神様・麻立比古命(あさたちひこのみこと)と天八千々毘賣命(あめのやちちびめのみこと)。天八千々毘賣命は、別名・天棚機姫神(あめのたなばたひめのかみ)で、絹の神様です。

2003年(平成15年)に完成された「静波十一丁目」の現在の屋台。屋台本体は山本建築が手掛け、彫刻は井波彫刻の伝統工芸士・池田誠吉(富山県南砺市)、車輪はフジタ鐵工(牧之原市細江)が携わっています。

屋台の大きな特徴の一つは前方に舞台が格納されている点です。町内の各所で舞台を引き出して女子が舞いを、屋台手前でも若連や子供たちが踊りを披露します。屋台の前方から、小太鼓、笛、太鼓といった並びで、横向きに置かれた太鼓を勇壮に大きく振り叩くのも非常に見応えがあります。

今回はここまでですが、次回はさらに彫刻や金物などを詳しくご紹介していきます。