タグ: 菊川市【五丁目下】

2020/06/18

建造実績・二輪屋台:菊川市「五丁目下」後編

前回(http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/?p=5938)に引き続き、山本建築の祭り屋台の建造実績として、菊川市「五丁目下」の二輪屋台のご紹介です。

1996年(平成8年)に建造し、2006年(平成18年)には漆塗りや彫金も施された三代目となる現在の屋台。各所にはさまざまな題材の井波彫刻や漆塗りの技法の螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)が配置されています。

上部の欄間には、青龍、白虎、朱雀、玄武の方角を司る四神。御簾脇の左右には、地元の方々の要望にお応えして、祭り屋台には珍しい『三国志』の登場人物も。御簾脇の左手側には政治家で戦略家の諸葛亮孔明。右手側には武将である関羽雲長です。

袖障子には麒麟と鳳凰。隅木鼻には獏。木鼻と虹梁木鼻には獅子。一般的にはシンプルな格狭間が多い障子彫には、枠いっぱいに波に千鳥を。腰彫には波に鯉も。

夜光貝や蝶貝などの貝殻を漆で塗り重ねて装飾する技法の螺鈿には、秋を表現する川に紅葉が流れる図柄や子孫繁栄のウズラとアワ、五穀豊穣を表す冬支度のために木の実を貯めるリス、地域の人々の繁栄を祈願する白ネズミに引かれる恵比寿様と大黒様を。

漆で文様を描いて、さらに金箔などを固着させる技法の蒔絵には、平穏無事と幸せを願う吉祥の鳥として鳳凰も。細部までこだわりの詰まった二輪屋台が完成しました。

ホームページには、他にもこれまで山本建築が手掛けてきた多くの祭り屋台をご紹介しています。宜しければ、そちらも是非チェックしてみてください。

【建造実績一覧】
http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/built

2020/06/04

建造実績・二輪屋台:菊川市「五丁目下」前編

山本建築が実際に手掛けた祭り屋台の建造実績をご紹介したいと思います。今回は菊川市「五丁目下」の二輪屋台です。

初代の屋台は、1936年(昭和11年)頃には既に祭典で曳き廻しが行なわれていました。菊川は古くから遠州森町の屋台を引き継いで、お祭りを実施している地域があり、森型の高欄式二輪屋台に慣れ親しんでいる土地柄でもあります。

二代目を経て、1996年(平成8年)には三代目の屋台が建造されました。屋台本体は山本建築が手掛け、彫刻は井波彫刻協同組合(富山県南砺市)が携わっています。

2005年(平成17年)には、菊川町と小笠町が合併して菊川市が誕生。2006年(平成18年)には屋台に漆塗りや彫金も施されました。漆塗りは、木曽漆器で有名な荻波工房(長野県塩尻市)に、金具は村井神仏金物製作所(愛知県刈谷市)に、ご協力いただきました。

次回は『三国志』の登場人物である諸葛亮孔明や関羽雲長を題材にした彫刻や漆塗りの技法の螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)などにも触れながら、さらに詳しく菊川市「五丁目下」の二輪屋台をご紹介したいと思います。

ちなみに山本建築では、同じ菊川で1988年(昭和63年)に「三共製作所」の二輪屋台も手掛けています。山本建築では、企業様や各種団体様の屋台建造も対応可能です。そちらも是非チェックしてみてください。

【建造実績】
「菊川市『三共製作所』」
http://yatai.yamamoto-kenchiku.co.jp/archives/built/sankyo